2021-12

スポンサーリンク
グローバル人材インタビュー

【身近な職人】英検1級を活かし翻訳を仕事に(阿部貴史さん)

日常生活でちょっとしたことで困ることありませんか?この記事は、筆者の身近にいる職人を紹介するコーナーの第1弾です。「英語の翻訳を頼みたい」、英検1級保有、翻訳業を生業としている阿部さんはそんなあなたの翻訳依頼を受け付けます。英語学習者や手に職をつけたいと考えている人には、彼の姿勢から学ぶことが数多くあるでしょう。
MBA

働きながら海外オンラインMBAを取る価値とは(MBAインタビュー#3)

「働きながら海外オンラインMBAを取る価値とは」というテーマで、MBA世界ランキングのトップランカーieビジネススクールの卒業生である藤原茂晴さんのインタビュー記事です。3つあり、1)ビジネスを体系的に学べること、2)タイムマネジメント能力の向上、そして3)ネットワークを構築できたことです。
南アフリカ情報

【保存版】南アフリカのヨハネスブルグで人気の日本・韓国・中国レストラン9選(現役駐在員おススメ)

現地日本人が通うヨハネスブルグで人気の日本食、韓国・中国レストランを9選を紹介します。他にも多々ありますが、今回紹介しているレストランは、日本人の味覚からして外れなしのレストランです。出張、旅行や駐在でヨハネスブルグに長く滞在する方は、アジア料理が恋しくなること必至ですので、是非足を運んでみてください。
MBA

海外MBAの価値は?社内スキルアップ・独立にメリット(MBAインタビュー#2)

MBA卒業生インタビュー第2弾は、ieビジネススクールEMBA卒業のインドネシア人のAgusです。社内スキルアップのためのMBAを修得し、先2~3年は社内昇格、授業料返済、そして投資資金を貯めのが当面の目的です。早めに引退し趣味を楽しみながら生きるためのMBA。Agusはどんなキャリアを積み、MBAで何を学んだのか。
MBA

海外MBAを社会人が取る価値は?ネットワークを利用し将来は米国へ(MBAインタビュー#1)

世界MBAランキングトップ校のieビジネススクールMBA卒業生のインタビュー。今回は香港在住のイギリス人のTim。MBAの学びは実践に活き、ネットワークが構築され、転職活動でも有利だと語ります。例えば、転職エージェントから紹介される案件の量の多さ、質の高さが全く違います。そしてネットワークを利用した転職活動も可能です。
MBA

海外MBAの試験の合格を最短で準備し勝ち取る方法(ieビジネススクールに3カ月で合格)

ieビジネススクール 海外MBA受験の合格を最短で勝ち取った準備方法を知りたくないですか?海外ビジネススクールの受験準備は1~2年程度必要と言われていますが、全て受ける学校によります。僕は世界ランク7位のieビジネススクールの受験から僅か3か月で合格しました。そのプロセスを解説していきます。
南アフリカ情報

【保存版】南アフリカ ヨハネスブルグのアジア・日本食材店2選とアジア系の美容院を紹介

ヨハネスブルグへ駐在や旅行で行くときに、現地で何が調達できるか知りたくないですか?限られた荷物しか持ち込めないので、事前に現地で何が手に入るか調べていく事はとても大切です。この記事では、ヨハネスブルグに存在するアジア食材店2つと美容院1つを紹介するとともに、何が販売されているのかも知る事ができます。
南アフリカ情報

【現地レポート】南アフリカの生活費はどれくらいかかるの?(6万円強です)

【現地レポート】南アフリカの生活費はどれくらいかかるの?答えは、月に63,000円でした。条件:海外駐在員の1人暮らし、交通費や食費、娯楽費も込みです。こちらは、海外駐在員であるため住宅費や車のリース代は会社負担であるため、除いた金額です。月によっては10万円を超える時もありますが、物価が安いため大ブレはしません。
海外駐在

【必読】異文化理解に宗教の教養は必要!仕事に役立つ意外な理由4つ(現役駐在員が解説)

日本人は宗教の教養を身に付ける必要があります。世界の70%以上は「キリスト教」「イスラム教」「仏教」「ヒンドゥー教」の4宗教のいずれかを信仰しています。つまり宗教の教養なしで外国人と関係を築く事は困難です。イスラム圏3か国で4年強アラビア語・イスラム教を学習、働いた経験から解説します。一冊で概論が分かる必読書も紹介。
グローバル転職

【2023年まとめ】海外勤務やハイクラスに強い厳選転職エージェント11選(海外駐在を実現)

海外勤務ができる厳選転職エージェント11選を紹介します。この11選では、「全方位型」や「20代ハイキャリア」、「MBA修得者」や「留学・海外経験者」などの分野別に海外勤務ができる分野別の厳選エージェントを紹介しています。僕はこれで、大手グローバル企業に転職し、アメリカと南アフリカ勤務を実現しました。まずはご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました