南アフリカ情報

スポンサーリンク
南アフリカ情報

【完全ガイド】マレツニャーネの滝を観に行く方法2つを丁寧に解説|レソト観光ブログ

【完全ガイド】マレツニャーネの滝を観に行く方法2つを丁寧に解説します。方法①は、車でマレツニャーネの滝近くの観光案内所へ向かう事。方法②はセモンコンロッジからトレッキング又は乗馬で向かう事。トレッキングは5-6kmほどで足元が悪いため、体力に自信がない方は無理せず車か乗馬で向かいましょう。
南アフリカ情報

【2023年最新】レソト訪問ブログ|レソト観光のおすすめ名所12選とホテル4選

【2023年最新】レソト訪問ブログ|レソト観光のおすすめ名所12選とホテル4選を紹介します。レソトは小さい国で、首都マセルよりも、郊外の渓谷群が圧巻です。レソト旅行の際は、郊外を中心に旅程を組み、マセルは南アフリカへ戻る際に立ち寄る程度で良いでしょう。マレツニャーネの滝は必ず訪問しましょう。
南アフリカ情報

【必読】ヨハネスブルグでジャカランダが観れる場所5選とベストな時期(駐在員が解説)

【必読】ヨハネスブルグでジャカランダが観れる場所5選とベストな時期を、南アフリカの駐在員の僕が解説します。おススメは、フォーシーズンズホテルのFlames、Munro View point、Home suiteホテルのルーフトップカフェ、Rosebankの通りです。全て自分で訪問した上で写真も交えおススメしています。
南アフリカ情報

【保存版】プレトリアでジャカランダが観れる場所12選とベストな時期(プレトリア在住の駐在員が解説)

【保存版】プレトリアでジャカランダが観れる場所12選とベストな時期をプレトリア在住の駐在員が解説します。歩いて撮影するならBrooklyn、ビルとジャカランダの撮影は市街地へ。プレトリア市街のパノラマ撮影はFort Klapperkop Nature Reserveへ、忘れず訪問しましょう。
南アフリカ情報

【2023年最新】ルワンダ キガリで絶対訪問したい観光地11選とアクティビティ3選(体験談を聞ける)

【2023年最新】ルワンダ キガリで絶対訪問したい観光地11選とアクティビティ3選を紹介します。観光地は大きく分けて、1)94年の虐殺関連、2)アート、3)コーヒー、4)キガリの景観です。アクティビティは、現地在住の日本人の方の活動を垣間見つつ、体験談を聞きながらルワンダへの理解を深めるもので、3つ紹介します。
南アフリカ情報

【完全版】プレトリアで人気の厳選日本食、アジアレストラン6選(現地日本人が通う)

【完全版】プレトリアで人気の厳選日本食、アジアレストラン6選を紹介します。1)Raya Hazel Wood、2)Matsuya(閉業)、3)Shilla Korean Cusine、4)Hana、5)Koi Menlyn Maine、そして6)Lotusです。どこもプレトリアでトップクラスのアジア料理です。
南アフリカ情報

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする(実体験から)

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする観点から実体験を基に提案します。1)指示の粒度を上げる、2)役職を超えたコミュニケーションを受け入れる、3)決断を下す、4)反対意見を受け入れる、5)柔軟な対応をしつつ全体感は持つ。南アフリカで仕事を見つける現実的な方法も紹介。
海外赴任全般

【徹底的に考えた】一時帰国で買うもの厳選リスト31選(5カ国7年の駐在経験から)

【徹底的に考えた】一時帰国で買うもの厳選リスト31選を5カ国7年の駐在経験から紹介します。基本は、一時帰国前にオンラインで事前に購入しておきましょう。買い物リストの抜けもれを防げます。加え、実店舗で購入する場合は免税を利用し、出費を抑えましょう。お土産は、外国人向けの商品を揃えている空港での購入をおススメします。
南アフリカ情報

【徹底解説】南アフリカ旅行 フリーステートとその周辺(ブルームフォンテイン キンバリーなど)

南アフリカ旅行 フリーステートとその周辺の徹底解説の記事です。旅先は、ブルームフォンテイン、キンバリー、オラニアそしてフレデフォートドーム(世界遺産)です。おススメのアクティビティ、宿泊先やレストランに留まらず、事前に準備していくものや訪問地の簡単な説明も加えていますので、この記事通り旅程を組めば準備は完璧です。
海外赴任全般

【駐在員の実体験】海外で日本のテレビ、アニメ、映画とマンガはこう観る。月々の費用も(VPN必須)

【駐在員の実体験】海外で日本のテレビ、アニメ、映画とマンガの視聴方法を解説。月々の費用3,697円。日本のコンテンツでVPN必須で、Amazon Prime、U-NextとYoutubeで、僕が必要とする日本のコンテンツの全てが網羅されています。僕が実際に使用している快適ツールも紹介しています。
スポンサーリンク
Masaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました