観光する

スポンサーリンク
南アフリカ

南アフリカはどんな国?世界一治安が悪い国の実態を5つの指標で解説(南ア現役駐在員が語る)

南アフリカはどんな国?世界一治安が悪い国の実態を5つの指標を用いて、現役の海外駐在員が解説します。1) 年間訪問者数は1000万人、2) 人口は6000万人、3) サービス産業が60%+、4) 高いインフレ率、5) ビジネスのし易さは世界84位。他にも、魅力・改善点をそれぞれ3つずつ、生活者の面から解説しています。
南アフリカ

【必読】ヨハネスブルグでジャカランダが観れる場所5選とベストな時期(駐在員が解説)

【必読】ヨハネスブルグでジャカランダが観れる場所5選とベストな時期を、南アフリカの駐在員の僕が解説します。おススメは、フォーシーズンズホテルのFlames、Munro View point、Home suiteホテルのルーフトップカフェ、Rosebankの通りです。全て自分で訪問した上で写真も交えおススメしています。
南アフリカ

【保存版】プレトリアでジャカランダが観れる場所12選とベストな時期(プレトリア在住の駐在員が解説)

【保存版】プレトリアでジャカランダが観れる場所12選とベストな時期をプレトリア在住の駐在員が解説します。歩いて撮影するならBrooklyn、ビルとジャカランダの撮影は市街地へ。プレトリア市街のパノラマ撮影はFort Klapperkop Nature Reserveへ、忘れず訪問しましょう。
南アフリカ

【徹底解説】南アフリカ旅行 フリーステートとその周辺(ブルームフォンテイン キンバリーなど)

南アフリカ旅行 フリーステートとその周辺の徹底解説の記事です。旅先は、ブルームフォンテイン、キンバリー、オラニアそしてフレデフォートドーム(世界遺産)です。おススメのアクティビティ、宿泊先やレストランに留まらず、事前に準備していくものや訪問地の簡単な説明も加えていますので、この記事通り旅程を組めば準備は完璧です。
南アフリカ

【2022年最新】エクスペディアは評判通りか?劇的な改善を実体験を基に解説(忙しい人ほどおススメ)

【2022年最新】エクスペディアは評判通りか?劇的な改善を実体験を基に解説。エクスペディアのサービスは、過去10年で劇的に改善しました。1)電話がつながりやすく、2)案件がクローズするまでトコトンフォローしてくれます。コロナ禍、飛行機がキャンセルされたり変更が必要になる事がありますが、エクスペディアがやってくれます。
南アフリカ

【必読】南アフリカに渡航する前に読むべき本7選(南アフリカ駐在員が推薦)

【必読】南アフリカに渡航する前に読むべき本7選を紹介します。旅行でも駐在でも、渡航先のことを知っていくと、その国を一層楽しめますよね。僕が南アフリカ駐在へ行く前にAmazonで購入した南アフリ関連の日本語書籍を紹介します。渡航前に必須ですので、渡航を検討している方はぜひお手にもって出かけてください。
南アフリカ

【驚き】虹の国南アフリカに白人だけが居住する「オラニア」という町がある

【驚き】虹の国南アフリカに白人だけが居住する「オラニア」という町があります。南アフリカは、1990年にアパルトヘイトを廃止して以来、色んな民族が融合して暮らす「虹の国」となる事を表明しました。そんな中、ひっそりと白人だけの街が設立され、現在は2,000人を超える人口を擁する街となっています。そんな街について解説します。
南アフリカ

【実体験】南アフリカ 最恐ポンテタワーへ行ってみた!世界の犯罪首都ヨハネスブルグ レポート

「リアル北斗の拳」、「修羅の国」と言われている南アフリカ。その中でも「入ったら10秒生きていられない」と言われている「南アフリカ最恐ポンテタワー」に行ってきました。過去の治安の悪さを感じるとともに、危険地域とされているヒルブロウの散策を通じ、変わっていくヨハネスブルグを感じました。関連映画も最後に紹介してます。
スポンサーリンク
Masaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました