海外赴任者に喜ばれる予算別の餞別 プレゼント15選(5カ国駐在した僕が本気で選ぶ)

海外赴任全般
スポンサーリンク

こんにちは!南アフリカの自動車マーケッター x 海外MBAホルダーのマサ (@mappyinME) です。

海外に赴任する人がいるけどプレゼントどうしよう・・・

この記事では、僕自身の5カ国6年以上の海外駐在の経験、そして元駐在員10名強への聞き込みを基にした海外赴任の餞別・プレゼントでもらったら嬉しいもの15選」を紹介します。

加えて、「こんなのもらってちょっと困るな・・・」というものにも触れます。

海外赴任者に喜ばれる予算別の餞別 プレゼント15選(5カ国駐在した僕が本気で選ぶ)

スポンサーリンク

海外赴任者への餞別・プレゼントを選ぶポイント5つ

ポイント1はマストですが、他の4つのポイントをカバーしていると喜ばれます。

ポイント5つ
1. かさ張らない、重量が軽め
2. 現地で手に入らないであろう品(会社の日本食送付制度を含む)
3. 自分では購入しないが試してみたいもの
4. いくつあっても困らないもの
5.自分だけの「特別感」があるもの(名前の刺繍がある、など)

前提として、海外赴任者が渡航する際のスケジュールは以下の通りです。

海外赴任者のスケジュール
・~3か月前 会社からの海外赴任の内示
・~1カ月前 渡航の準備、周りへの周知
・~2・3週間前 船便・航空便の発送や国内倉庫への荷物異動

つまり、渡航のだいたい2~3週間前には荷物を発送してしまっています。

一方、送別会を実施するのはちょうど荷物を海外に送る前後くらいですよね。

ということは、かなり高い確率で、あなたのギフトは会社がアレンジしてくれる船便や航空便からは漏れてしまうということです。

重要なポイントですが、赴任者はあなたの餞別を「ハンドキャリー」していく事になります。

飛行機への持ち込み重量が限られているので、頂いた品で現地では使わないものは、申し訳ないと思いつつ、泣く泣く日本に置いていくことも・・・。

なので、特に「かさ張らない・重量が軽いこと」が重要なポイントなのです。

かと言って、あまり使わないものをもらっても結局使わずに終わることもあるから難しいんだよね・・・。

それでは、僕が強くおススメする16選の海外赴任者向けの餞別・プレゼントを予算別に紹介します。

スポンサーリンク

一般的な予算は?

一般的な相場としては、団体からのプレゼントは5,000円~10,000円個人だと~5,000円という方が多いですね。

ただし特に仲が良い友人、とてもお世話になった上司や部下などは、~30,000円くらいまでプレゼントして頂けるケースも少なくないようです。

ありがたく、~10,000円の餞別 プレゼントを頂くことが多いです。

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

予算別!海外赴任者向け餞別 プレゼント15選

まずは餞別 プレゼント15選のサマリです。

金額指定が可能
1. Amazonギフト券
~3,000円
2. 温泉の素
3. 高級・こだわりみそ汁
4. 高級・こだわりだし
5. 高級・こだわりお茶漬け
6. 高級・こだわりふりかけ
7. モバイルバッテリー
3,001円~10,000円
8. ルームシューズ
9. カードケース(名前入り)
10. ボールペン(名前入り)
11. モバイルウォシュレット
12. ワイアレス・イヤホン
10,000円~
13. Kindle
13. Boseのポータブルオーディオ
15. パスポートカバー

自分で金額を指定可能

Amazonギフト券


出典:Amazon

Good point
・かさ張らない、重量が軽め
・いくつあっても困らないもの

つまり現金ですが、メールタイプであれば既に会えなくなっていても贈れますし、直接会えるならボックスタイプや封筒タイプを購入して、メッセージカードを入れれば完璧ですね。(デザインも選べます!)

自分で欲しいものを選べて、もしいま現在欲しいものがなければ、帰国後や一時帰国時に使うことも可能なので汎用性がとにかく高いです。
(注:有効期限は10年)

もらう立場からですが、個人的にはAmazonギフト券が一番のおススメです。

メールタイプ

ボックスタイプ

封筒タイプ

~3,000円

温泉の素(旅の宿 湯ったり周遊パック)


出典:Amazon

見つけました、ちょうどよい塩梅のもの。

13種類で26包あり、値段は1,100円です。

そのため、箱を開けて袋に入れてスーツケースに収納すれば最低限のスペースしか占有しません。

自分では購入しないけれども、もらうと嬉しい代表例ですね。

こればかりは渡航前には分かりませんが、湯舟がない家に住んでしまうリスクもあるのでお気を付けを。笑


タニタ食堂監修の減塩みそ汁詰め合わせ16食


出典:Amazon

タニタのみそ汁もらえたら嬉しい・・

海外は塩分過多と野菜不足になりがちなので、もらうと嬉しいものです。

若干かさ張りますが、「16食なので頑張って持っていこう」と思わせてくれる製品と量ですね

値段も2,000円弱と手ごろです。

ドン・キホーテで買える大量購入のみそ汁は、海外に渡航した後もなんやかんや現地の食材店や会社の送付サポートで簡単に手に入ります。

まさ:
食べ物を送る場合は、「自分では買わないけど試してみたいこだわりの逸品」を送りましょう!
大事なので、後の食べ物のところでも繰り返し言いますね。


高級だし(久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋)


出典:Amazon

30袋入って値段は2,230円です。

食べ物を送る場合は、「自分では買わないけど試してみたいこだわりの逸品」を送りましょう!
大事なので、後の食べ物のところでも繰り返し言いますね。


高級お茶漬け(彩 4食)


出典:Amazon

4食で3,000円近くする商品なので、1食800円弱する高級お茶漬けです。

一度頂いたことがありますが、現地ではいつ食べるか、4食分ですが相当楽しむことが出来ました。

コンビニなどで買えるお茶漬けは現地で調達可能なのでおススメしません。

食べ物を送る場合は、「自分では買わないけど試してみたいこだわりの逸品」を送りましょう!
大事なので、後の食べ物のところでも繰り返し言いますね。


高級ふりかけ(錦松梅 錦松梅の小袋 10包)


出典:Amazon

10包で2,000円強のふりかけです。

「おと〇のふりかけ」は現地で調達可能なのでお勧めしません。

食べ物を送る場合は、「自分では買わないけど試してみたいこだわりの逸品」を送りましょう!
大事なので、後の食べ物のところでも繰り返し言いますね。


モバイルバッテリー(Anker PowerCore Slim 10000)


出典:Amazon

どこの国でも使うのがモバイルバッテリー。

こちらは、iPhoneを2.6回分チャージできる容量を備えて、値段は2,990円

海外赴任をすると、旅行や出張などの異動がどうしても多くなるため、モバイルバッテリーはほぼ必須だと言っても過言ではありません。

特に新興国では、停電があったりするので、必要性は更にアップです。

白と黒の2色あります。


~10,000円

ルームシューズ(Yoertemy 4足)


出典:Amazon

これがコスト、デザインと実用性を全て満たしているルームシューズです。

値段は3,480円です。

海外駐在では来客が多く、国によっては砂やほこりがかなり入ってくる地域もあるので、クオリティの高いスリッパを日本から持っていくと良いです。

それなりの値段がする高い品質のルームシューズなので、ギフトにぴったりです。


カードケース(IL BISONTE)


出典:Amazon

イルビゾンテのカードケースで、値段は9,900円です。

海外だと、国によっては現金を全く使わずにカードだけで生活するところもあります。

仮にそうでなくても、海外では財布を盗まれる心配もあってか、もう1つ実用的な財布やカードケースを持つ人がとても多いです。

そのため、手ごろな価格で買える、そして皮製品の質で定評のあるイルビゾンテであれば、もらった人はかなり嬉しいと思います。

3色から選べ、ユニセックスなので男女どちらにも贈れます。


もう少し値段を抑えたい方向けには、こちらの6,100円のバージョンもお勧めです。

僕はどちらを頂いても、日常使いします。


名入れボールペン(Parker 名前の刻印可)


出典:Amazon

ボールペンと言えばParkerですよね。

こちらは、名前を刻印できるのでギフトとしての特別感が出ます。

海外で役職につくと、書類にサインする機会やメモを取る時にボールペンを使う機会がとても多いので、もらったら嬉しいですね。

値段もギフトケースがついて3,400円と手ごろで、コストパフォーマンスがとても良いギフトです。

ツイッターでも一票入れて頂いています。


モバイルウォシュレット


出典:Amazon

こちらはネタではなくマジです。

海外って、トイレにウォシュレットがなくて苦労するケースが結構多いんですよね。

自分で買おうとは思わないですが、もらえると嬉しい代表的な品ですね。

おススメは我らが「TOTO」の製品で5,991円ですが、Amazonのレビュー評価がとても高い「Viaes」の商品は見た目的にもかなりよさそうで3,380円です。



ソニー完全ワイヤレスイヤホン(WF-C500)


出典:Amazon

見つけてきました、10,000円を切るソニーのワイヤレスイヤホン(9,603円)。

駐在に行くと、ジムに行ったりカフェで勉強したりと、ワイヤレスイヤホンが活躍する機会が多いです。

注意したいのは、格安のイヤホン(5,000円以下)を購入すると直ぐに壊れたり音が割れていたりと、個人的には耐え難い経験をしたことがあるので、おススメしません。

こちらはソニーの製品で僕も愛用していますが、充電も長持ちするのでヘビロテしています。


なお10,000円を少し超えてもいいよーという方は、以下のモデル(11,695円)の方が音とデザインが良いのでこちらをおススメです。


10,000円~

Kindle Paperwhite (8GB) 6.8インチ


出典:Amazon

Kindle Paperwhite(8GB) 6.8インチ、14,980円と値段は少し張りますが、もし持っていなければかなり喜ばれる品です。

海外から日本の本が読みたくなるのは、駐在員の常です。

KindleやiPadがない時代は、一時帰国時に本を大量購入して任地に持ち帰っていました。


ツイートでは、要望してKindleを頂いた方がいらっしゃいました。

Bose SoundLink Mini BT speakerⅡ


出典:Amazon

僕の愛用品ですが、こちらは超使えます。

一度充電すれば最大12時間使えるので、部屋使いから旅行までいつでも使えます。

駐在員になると、友人と旅行したり、家で会食をしたり、外にバーベキューをしに行ったりと、ポータブルオーディオが活躍する場面は数知れず。

値段は24,000円強と若干高いですが、Bose製品の中ではかなり安い部類に入り、コスパとしてはかなり良いです。

ちなみに僕も、日本から海外いつでもどこでも、かれこれ5~6年ほど愛用しています!

4色から選べます。


パスポートケース(TUMI)


出典:Amazon

海外駐在員に大人気のブランド「TUMI」のパスポートケース(23,100円)です。

正直、パスポートケースってあまり実用的ではないんです。

イミグレーションでケースを毎度取らなければいけないですし、そのたびにパスポートがくたびれていきます。

これはファッションと同じで「パスポートケースにもお金をかけるほど世界を駆けまわっている自分」を表しますが、プレゼントでもらうと、パスポートを出すたびに初心を思い出しとても良い記念品になります。

更に名前の刻印が出来ればベターですが、なくても十分喜んでもらえます。

こちらは黒と紺の2色から選べます。


見た目は少し落ちますが、予算に制限はあるけども「TUMIをプレゼントしたい」という方には、下の製品(10,999円)もお勧めです。


避けた方が無難!使わない可能性が高い餞別 プレゼント5選

海外駐在員の方々10名強へ聞き込んだ結果、もらっても使わなかったものをこちらでは紹介します。

使わなかった餞別 プレゼント5選
・変圧器
・どこでも買える味噌汁、だし、お茶漬けやふりかけ
・常備薬
・お茶
・服飾類

変圧器
最近の家電は、パソコンを中心に海外で対応しているケースが多いので、変圧器はつかったことがない・・・。
かつハンドキャリーの荷物に、変圧器みたいにかさばって重量のあるものをわざわざ持っていく事はないですね。

どこでも買える味噌汁、だし、お茶漬けやふりかけ
海外ですらこういったものは手に入るので、わざわざ日本からもっていくことはないですね。

常備薬
常備薬は自分で選んで買うものなので、誰かにもらって嬉しいことはないですね。
正露丸は万国共通ですが、常備薬は人によって好みがあります。

 

お茶
意外に困るんですよね。
粉のタイプならまだしも、高級なお茶葉を頂くと、缶に入っていてかさ張るうえ、急須がないと飲めないので結局使わないことも・・・。

服飾類
サイズやデザインなど、好みがあるので不要ですね。
ハンカチ、靴下などは、既に揃えている上に他の人からも既にもらっているケースがあるので、出来れば避けて頂きたいところ。

どうしても餞別 プレゼントが思いつかなかった場合は

予算別の海外赴任者向け餞別 プレゼントを紹介していきますが、駐在員の立場から1つ言わせてください。

もしよいプレゼントが思いつかなければ、赴任者本人に予算を伝えて欲しいものを聞いてみて下さい。
僕は、与えられた予算+自費でRay banのサングラスを買ってとても満足でした!

赴任者の立場では、「自分のことを考えて聞いてくれているんだな」と想い感謝を感じるとともに、赴任の際は実用性が大事なので、きっと喜ばれますよ。

なお、海外駐在でもっていくべきものリストはこちらの記事でまとめていますので、興味があればどうぞ。

関連記事はこちら

【海外駐在 旅行の準備】持っていくもの厳選リスト40選(5カ国6年駐在して分かった)
海外駐在や出張、旅行の準備で持っていくものって迷いますよね?この記事では、僕が5カ国6年以上も海外に駐在、50か国以上渡航して分かった、持ち物の厳選リスト40選を一挙公開します。紹介しているものは全て僕が使っているものなので、どれも役に立つものと思います。不便をなくし、貴重な海外での時間を最大限に有効活用しましょう!

記事は以上です。

この記事を書いた人
Masa

キャリアの半分が海外勤務。
▶新卒で大手家電メーカーへ入社し、ビジネス企画職。転職後は、大手グローバル自動車メーカーへ。現在は南アフリカでマーケティング部長▶海外5か国で7年以上勤務し、訪問国は50か国以上▶ieビジネススクールでEMBAを取得▶英検1級・TOEIC925点、アラビア語中級▶海外勤務で使える資格を11個保有。

Masaをフォローする
海外赴任全般海外駐在する
スポンサーリンク
シェアする
Masaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました