海外駐在する

スポンサーリンク
海外駐在 & ワーク

海外駐在員はエリートか?出世の可能性が高い理由5つ(5カ国6年以上の駐在経験から)

海外駐在員はエリートか?出世の可能性が高い理由5つを、僕の5カ国6年以上の駐在経験から解説します。結論、エリートコース(出世街道)に乗る可能性が相当に高まります。要約すると、駐在に選ばれているだけで優秀認定されていること、マネジメント・リーダーシップ能力アップ、そしてエリート・準エリート層と人脈を気付けるためです。
海外赴任全般

海外赴任者に喜ばれる予算別の餞別 プレゼント15選(5カ国駐在した僕が本気で選ぶ)

海外赴任者に喜ばれる予算別の餞別 プレゼント15選です。僕は今まで5カ国駐在した経験があるため、現地での生活の想像ができるため、必要なものとそうでないものの判断がつきます。その経験に加え、他の海外駐在経験者10人強に聞き込んだ結果から「赴任者に贈ったら喜ばれる餞別 プレゼント」を15種類選びました。参考にしてください。
海外駐在 & ワーク

【不安を解消】海外赴任に必要な英語力の目安と準備方法3つ(駐在中の僕が語る)

【不安を解消】海外赴任に必要な英語力の目安と準備方法3つを海外駐在中の僕が実体験から解説します。英語力の目安はTOEIC 700点~、英検2級です。ただし、赴任する国や職務にもよるので赴任前に確認しましょう。勉強法は1.仕事から学ぶ、2.独学で学ぶ、そして3.コーチ付きで最短で学ぶ、の3つがおススメです。
海外駐在 & ワーク

【徹底解説】 海外駐在員の給与・年収・手当事情は?(5カ国で勤務した経験から)

【徹底解説】 海外駐在員の給与・年収・手当事情を解説しています。額面給与よりも「手取り」が日本の1.5倍~2.0倍程度と増加します。手厚い福利厚生により、家賃などの日本での大型出費が抑えられるためです。何より、海外駐在では日本で得難い経験ができるためビジネスパーソンとしても成長できることが一番のメリットです。
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.5】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAEから転職編)

こんにちは!南アフリカの自動車マーケッター x 海外MBAホルダーのマサ (@mappyinME) です。 この記事は、「【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAE駐在編)(リンク)」の続きです。 前回までのあらすじ: 2年間の海外業務...
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAE駐在編)

【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だったシリーズ、UAE編です。「メーカーの駐在員ってどんな仕事をするの?」、この記事を読むことで理解が深まります。一言で言うと、「事業を経営する」経験をすることができ、マネジメント能力や幅広い実務の知識が身に付きます。メリットだらけなので、ぜひ新興国駐在へ!
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.3】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(サウジアラビア業務研修編)

【新興国駐在体験談 vol.3】入社3年目で海外赴任したら地獄だったシリーズです。第3弾はサウジアラビアで、2年間の海外研修の後半です。サウジアラビア駐在事務所立ち上げ中に、特命プロジェクトに任命。壮絶な苦労をするも成功させ、プロジェクトマネジメントやビジネス知識や実務力、そしてリーダーシップを身に付けた。
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.2】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(エジプトの語学研修編)

【新興国駐在体験談 vol.2】入社3年目で海外赴任したら地獄のようにキツイ日々が待っていました。一方で、新興国の拠点は一般的に会社の規模が小さいため、1人ずつの責任範囲が大きいためダイナミックな仕事が出来ます。そのため、仕事量は多く変化がとてつもなく早いですが、一生役立つ経験をすることができます。
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.1】入社3年目で海外駐在のチャンスを得るまでの道のり

こんにちは!南アフリカの自動車マーケッター x 海外MBAホルダーのマサ (@mappyinME) です。 入社2年目、肌寒くなってきた秋のある1日。資格取得能力しかなかった僕を、当時の上司が別室に呼びこういいました。 当時の上司: 「実は、海外で若...
海外駐在 & ワーク

海外駐在に選ばれる人の特徴5つと方法2つ(5カ国に駐在して分かった)

海外駐在に選ばれる人には特徴があります。僕は今まで2社で5カ国に駐在した経験から分かったのは、1) 仕事がこなせる 2) 発信力がある 3)広い社内ネットワーク 4) 積極的 5) ロジカルである、この5つです。 駐在に選ばれる方法2つや今日からできる行動も詳しく説明しています。海外駐在の志望者必見です。
スポンサーリンク
Masaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました