海外駐在する

スポンサーリンク
海外駐在

【現役駐在員が解説】海外駐在員になるには?高確率で選ばれる方法5つ(海外勤務が多い企業も紹介)

【現役駐在員が解説】海外駐在員になるには?高確率で選ばれる方法5つを実体験を基に解説します。企業選びでは、1)日系グローバル企業、2)海外駐在案件、3)駐在確約の企業、4)海外進出ベンチャー、5)外国のグローバル企業、これらで働くことです。誤解されがちですが、外資でも海外駐在の可能性はあるので、見るようにしましょう。
南アフリカ情報

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする(実体験から)

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする観点から実体験を基に提案します。1)指示の粒度を上げる、2)役職を超えたコミュニケーションを受け入れる、3)決断を下す、4)反対意見を受け入れる、5)柔軟な対応をしつつ全体感は持つ。南アフリカで仕事を見つける現実的な方法も紹介。
海外駐在

【徹底解説】海外駐在員とは?年収、メリット・デメリット、なり方(5カ国7年の現役駐在員が語る)

【徹底解説】海外駐在員とは?年収、メリット・デメリット、なり方を5カ国7年の駐在経験から解説。海外駐在員とは、会社に命じられ、海外の子会社・関連会社に一定期間派遣される従業員のことです。年収は、日本と比較すると、額面で1.2~1.5倍、手取りが1.5倍~1.8倍程度となります。メリットも多い海外駐在員を目指しましょう。
海外駐在する

【実体験】海外駐在・在住中に転職は可能!方法と海外キャリアに強い厳選転職エージェント11社を紹介

【実体験】海外駐在・在住中に転職は可能です。この記事では、海外駐在・在淳中に転職する方法と僕自身の事例、そして実際に利用した海外キャリアに強い厳選転職エージェント11社を紹介しています。特にコロナ禍では、完全リモートで内定が出る企業も増えているため、海外在住者の方には追い風となっています。
海外駐在

海外駐在員はエリートか?出世の可能性が高い理由5つ(5カ国6年以上の駐在経験から)

海外駐在員はエリートか?出世の可能性が高い理由5つを、僕の5カ国6年以上の駐在経験から解説します。結論、エリートコース(出世街道)に乗る可能性が相当に高まります。要約すると、駐在に選ばれているだけで優秀認定されていること、マネジメント・リーダーシップ能力アップ、そしてエリート・準エリート層と人脈を気付けるためです。
海外赴任全般

海外赴任者に喜ばれる予算別の餞別 プレゼント15選(5カ国駐在した僕が本気で選ぶ)

海外赴任者に喜ばれる予算別の餞別 プレゼント15選です。僕は今まで5カ国駐在した経験があるため、現地での生活の想像ができるため、必要なものとそうでないものの判断がつきます。その経験に加え、他の海外駐在経験者10人強に聞き込んだ結果から「赴任者に贈ったら喜ばれる餞別 プレゼント」を15種類選びました。参考にしてください。
海外駐在

【不安を解消】海外赴任に必要な英語力の目安と準備方法3つ(駐在中の僕が語る)

【不安を解消】海外赴任に必要な英語力の目安と準備方法3つを海外駐在中の僕が実体験から解説します。英語力の目安はTOEIC 700点~、英検2級です。ただし、赴任する国や職務にもよるので赴任前に確認しましょう。勉強法は1.仕事から学ぶ、2.独学で学ぶ、そして3.コーチ付きで最短で学ぶ、の3つがおススメです。
グローバルな仕事

【徹底解説】海外営業なのに英語ができない!TOIEC目安、おススメ勉強法

【徹底解説】海外営業なのに英語ができない!TOIEC目安、おススメ勉強法を紹介します。最近は、時間・場所を選ばず、どこでも英語ができる環境があります。独学でじっくり学習したい人から、3か月で成果を出したい人まで、おススメの勉強法を紹介します。英語は一生ものの資産です。身に付けて、仕事の幅を広げましょう!
海外駐在

【徹底解説】 海外駐在員の給与・年収・手当事情は?(5カ国で勤務した経験から)

【徹底解説】 海外駐在員の給与・年収・手当事情を解説しています。額面給与よりも「手取り」が日本の1.5倍~2.0倍程度と増加します。手厚い福利厚生により、家賃などの日本での大型出費が抑えられるためです。何より、海外駐在では日本で得難い経験ができるためビジネスパーソンとしても成長できることが一番のメリットです。
海外駐在

【新興国駐在体験談 vol.5】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAEから転職編)

こんにちは!南アフリカの自動車マーケッター x 海外MBAホルダーのマサ (@mappyinME) です。 この記事は、「【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAE駐在編)(リンク)」の続きです。 前回までのあらすじ: 2年間の海外業務...
スポンサーリンク
Masaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました