2022-02

スポンサーリンク
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.5】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAEから転職編)

こんにちは!南アフリカの自動車マーケッター x 海外MBAホルダーのマサ (@mappyinME) です。 この記事は、「【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAE駐在編)(リンク)」の続きです。 前回までのあらすじ: 2年間の海外業務...
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(UAE駐在編)

【新興国駐在体験談 vol.4】入社3年目で海外赴任したら地獄だったシリーズ、UAE編です。「メーカーの駐在員ってどんな仕事をするの?」、この記事を読むことで理解が深まります。一言で言うと、「事業を経営する」経験をすることができ、マネジメント能力や幅広い実務の知識が身に付きます。メリットだらけなので、ぜひ新興国駐在へ!
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.3】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(サウジアラビア業務研修編)

【新興国駐在体験談 vol.3】入社3年目で海外赴任したら地獄だったシリーズです。第3弾はサウジアラビアで、2年間の海外研修の後半です。サウジアラビア駐在事務所立ち上げ中に、特命プロジェクトに任命。壮絶な苦労をするも成功させ、プロジェクトマネジメントやビジネス知識や実務力、そしてリーダーシップを身に付けた。
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.2】入社3年目で海外赴任したら地獄だった(エジプトの語学研修編)

【新興国駐在体験談 vol.2】入社3年目で海外赴任したら地獄のようにキツイ日々が待っていました。一方で、新興国の拠点は一般的に会社の規模が小さいため、1人ずつの責任範囲が大きいためダイナミックな仕事が出来ます。そのため、仕事量は多く変化がとてつもなく早いですが、一生役立つ経験をすることができます。
MBAインタビュー

海外EMBAを修得してキャリアを「創り」海外駐在へ(卒業生インタビュー#4)

卒業生インタビュー第4回目は、ieビジネススクールでEMBAを修得してキャリアを「創り」海外駐在の機会を獲得した坂東さん(仮名)です。大手広告代理店で部長職を務める坂東さん、「海外で働きたい」という想いから、ieビジネススクールのオンラインEMBAを選び進学。転職と社内キャリアを両面で追及し、海外駐在を勝ち取りました。
海外駐在 & ワーク

【新興国駐在体験談 vol.1】入社3年目で海外駐在のチャンスを得るまでの道のり

こんにちは!南アフリカの自動車マーケッター x 海外MBAホルダーのマサ (@mappyinME) です。 入社2年目、肌寒くなってきた秋のある1日。資格取得能力しかなかった僕を、当時の上司が別室に呼びこういいました。 当時の上司: 「実は、海外で若...
海外赴任全般

【一時帰国で使ってみた】レンタルWifiをおススメする理由(メリット6つ)

【一時帰国で使ってみた】レンタルWifiをおススメする理由を、メリット6つとデメリット3つ紹介します。メリットは、1借りる・返却が楽、2延滞の連絡不要、3複数機器の接続可能、4プランが豊富、5電池が長持ち・軽い、6比較的安い、です。レンタルSIMではなく、レンタルWi-Fiが良い理由も、比較と共に説明しています。
グローバルな仕事

【実体験】海外マーケティングの仕事内容は?(メーカーで海外マーケティングを6年経験)

海外マーケティングの仕事内容は?という疑問に実体験から答えます。マーケティングとは「価値(商品やサービス)を作って、伝えて、届けて、交換すること」で、決して広告・宣伝だけではありません。ターゲットを絞って製品を作る事もマーケティングです。そして海外マーケティングは、社内・社外でも将来性が高いためおススメの仕事です。
海外赴任全般

【応急措置】スーツケースのハンドル(取っ手)が戻らないときの直し方

【応急措置】スーツケースのハンドル(取っ手)が戻らないときの直し方を2つ紹介、万が一戻らない場合の最終手段も記事内で紹介しています。こちらは緊急のときの応急措置ですので、難が去ったあとは「メーカー修理に出す」か「自分自身で修理する」のどちらかやりましょう。今後、このようなことが起こらないための使用法も合わせて解説。
メディア運用実績

【結果報告】海外在住ブロガー ブログ運用3か月目の成果は?(PVなどのデータも公開)

【結果報告】海外在住ブロガー ブログ運用3か月目の成果を公開します。PV、検索表示数、クリック数、収益、そしてツイッターの運用実績もお見せします。既に「40~50記事書かれたブロガーさん」には参考になると確信しています。僕の成功、失敗をぜひ参考にブログを成長させてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました