海外駐在

スポンサーリンク
海外駐在

【徹底解説】異文化コミュニケーションとは?メリット6つとスキルを身に付けるポイント6つ

【徹底解説】異文化コミュニケーションとは?メリット6つとスキルを身に付けるポイントを解説。異文化コミュニケーションのメリットは、1)外国人と働き成果を出せる、2)視野が拡がる、3)語学力がつく、4)忍耐力がつく、5)柔軟性がみにつく、6)自国の立ち位置を確認できる、です。
海外駐在

【必須】異文化理解力を身に付ける上で大切なこと6つと気を付けるポイント2つを解説

異文化理解力を身に付ける上で大切なこと6つと気を付けること2つを解説します。異文化理解力はグローバル人材に必須です。たいせつなこと6つは、1)英語を身に付ける、2)子供のように好奇心を持つ、3)疑問は何でもぶつける、4)自習をする(本を読む)、5)積極的にコミュニケーションを取る、6)現場に足を運ぶ、です。
海外駐在

【必読】異文化理解はなぜ必要なのか?理由7つ|異文化理解8つの指標も解説(事例あり)

【必読】異文化理解はなぜ必要なのか?理由7つと異文化理解の基礎を解説します。理由7つは、1)グローバル化が進む、2)外国人と働き成果が出せる、3)視野が拡がる、4)語学力が身に付く、5)忍耐力がつく、6)柔軟性が身に付く、7)自国を理解できる、です。海外で苦戦するグローバル人材の典型的な例も2つ、取り上げています。
海外駐在

【現役駐在員が解説】海外駐在員になるには?高確率で選ばれる方法5つ(海外勤務が多い企業も紹介)

【現役駐在員が解説】海外駐在員になるには?高確率で選ばれる方法5つを実体験を基に解説します。企業選びでは、1)日系グローバル企業、2)海外駐在案件、3)駐在確約の企業、4)海外進出ベンチャー、5)外国のグローバル企業、これらで働くことです。誤解されがちですが、外資でも海外駐在の可能性はあるので、見るようにしましょう。
南アフリカ

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする(実体験から)

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする観点から実体験を基に提案します。1)指示の粒度を上げる、2)役職を超えたコミュニケーションを受け入れる、3)決断を下す、4)反対意見を受け入れる、5)柔軟な対応をしつつ全体感は持つ。南アフリカで仕事を見つける現実的な方法も紹介。
海外駐在

【徹底解説】海外駐在員とは?年収、メリット・デメリット、なり方(現役駐在員が語る)

【徹底解説】海外駐在員とは?年収、メリット・デメリット、なり方を5カ国7年の駐在経験から解説。海外駐在員とは、会社に命じられ、海外の子会社・関連会社に一定期間派遣される従業員のことです。年収は、日本と比較すると、額面で1.2~1.5倍、手取りが1.5倍~1.8倍程度となります。メリットも多い海外駐在員を目指しましょう。
海外渡航の準備

【徹底的に考えた】一時帰国で買うもの厳選リスト31選(5カ国7年の駐在経験から)

【徹底的に考えた】一時帰国で買うもの厳選リスト31選を5カ国7年の駐在経験から紹介します。基本は、一時帰国前にオンラインで事前に購入しておきましょう。買い物リストの抜けもれを防げます。加え、実店舗で購入する場合は免税を利用し、出費を抑えましょう。お土産は、外国人向けの商品を揃えている空港での購入をおススメします。
グローバル転職

【実体験】海外駐在・在住中に転職は可能!方法と海外キャリアに強い厳選転職エージェント12社を紹介

【実体験】海外駐在・在住中に転職は可能です。この記事では、海外駐在・在淳中に転職する方法と僕自身の事例、そして実際に利用した海外キャリアに強い厳選転職エージェント12社を紹介しています。特にコロナ禍では、完全リモートで内定が出る企業も増えているため、海外在住者の方には追い風となっています。
グローバルな仕事

【サラリーマン必見!】現職で年収1000万を稼ぐ方法3つを徹底解説(昇格する方法3つも)

【サラリーマン必見!】現職で年収1000万を稼ぐ方法3つを徹底解説します。高評価を得るためには、1)積極的に仕事に取り組む、2)上の仕事に挑戦、3)最後までやりる。4)上司とのコミュニケーション、この4つが大切です。昇格は、1)昇格したい意思を伝える、2)高い評価を得る、3)資格などの取得、この3つが大切になります。
海外渡航の準備

【駐在員の実体験】海外で日本のテレビ、アニメ、映画とマンガはこう観る。月々の費用も(VPN必須)

【駐在員の実体験】海外で日本のテレビ、アニメ、映画とマンガの視聴方法を解説。月々の費用3,697円。日本のコンテンツでVPN必須で、Amazon Prime、U-NextとYoutubeで、僕が必要とする日本のコンテンツの全てが網羅されています。僕が実際に使用している快適ツールも紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました