海外駐在

スポンサーリンク
海外駐在

【徹底解説】 異文化理解力を深める方法7つを紹介|海外留学・勤務者は必須

【徹底解説】 異文化理解力を深める方法7つを紹介|海外留学・勤務者は必須です。方法は、1) 英語を身に付ける、2) 子供のように何でも好奇心を持つ、3) 疑問は何でもぶつける、4) 自習をする(本を読む)、5) 積極的にコミュニケーションを取る、6) 現場に足を運ぶ、そして7) チーム内でルールを作ってしまう、です。
MBA

【厳選】無料体験あり!おススメのオンライン英会話スクール6つを徹底解説

【厳選】無料体験あり!おススメのオンライン英会話スクール6つを徹底解説。1) Kirihara Online Academy, 2) スタディサプリEnglish、3) ネイティブキャンプ、4) レアジョブ英会話、5) QQ Englsih、6) 産経オンライン英会話プラスです。
MBA

【2023年版】留学経験なし!独学で英検1級に合格する勉強方法と対策、勉強時間

【2023年版】留学経験なし!独学で英検1級に合格する勉強方法と対策、勉強時間を公開。英検準1級→1級に要した期間は1年で、学習時間は約500時間。過去問・想定問題集を中心に据え、語彙・リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングを伸ばします。英会話スクールは、2~3か月でも利用する事を強くおススメします。
海外駐在

海外駐在に必要な英語力を身に付ける|Kihirara Online Academyを勧める理由7つ

海外駐在に必要な英語力を身に付けるには、英語の総合力を試される英検を目標に据えましょう。そしてその英検対策に特化したKihirara Online Academyを勧める理由7つ解説します。リーズナブルな価格で、桐原書店の開発する独自教材、カリスマ講師が監修したカリキュラムを基に、効率的に学習を継続すことができます。
海外駐在

【徹底解説】異文化コミュニケーションとは?メリット6つとスキルを身に付けるポイント6つ

【徹底解説】異文化コミュニケーションとは?メリット6つとスキルを身に付けるポイントを解説。異文化コミュニケーションのメリットは、1)外国人と働き成果を出せる、2)視野が拡がる、3)語学力がつく、4)忍耐力がつく、5)柔軟性がみにつく、6)自国の立ち位置を確認できる、です。
海外駐在

【必須】異文化理解力を身に付ける上で大切なこと6つと気を付けるポイント2つを解説

異文化理解力を身に付ける上で大切なこと6つと気を付けること2つを解説します。異文化理解力はグローバル人材に必須です。たいせつなこと6つは、1)英語を身に付ける、2)子供のように好奇心を持つ、3)疑問は何でもぶつける、4)自習をする(本を読む)、5)積極的にコミュニケーションを取る、6)現場に足を運ぶ、です。
海外駐在

【必読】異文化理解はなぜ必要なのか?理由7つ|異文化理解8つの指標も解説(事例あり)

【必読】異文化理解はなぜ必要なのか?理由7つと異文化理解の基礎を解説します。理由7つは、1)グローバル化が進む、2)外国人と働き成果が出せる、3)視野が拡がる、4)語学力が身に付く、5)忍耐力がつく、6)柔軟性が身に付く、7)自国を理解できる、です。海外で苦戦するグローバル人材の典型的な例も2つ、取り上げています。
海外駐在

【現役駐在員が解説】海外駐在員になるには?高確率で選ばれる方法5つ(海外勤務が多い企業も紹介)

【現役駐在員が解説】海外駐在員になるには?高確率で選ばれる方法5つを実体験を基に解説します。企業選びでは、1)日系グローバル企業、2)海外駐在案件、3)駐在確約の企業、4)海外進出ベンチャー、5)外国のグローバル企業、これらで働くことです。誤解されがちですが、外資でも海外駐在の可能性はあるので、見るようにしましょう。
南アフリカ

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする(実体験から)

【MASAのコラム】南アフリカ人と働き成果を出す方法5つ。異文化を理解しマネジメントする観点から実体験を基に提案します。1)指示の粒度を上げる、2)役職を超えたコミュニケーションを受け入れる、3)決断を下す、4)反対意見を受け入れる、5)柔軟な対応をしつつ全体感は持つ。南アフリカで仕事を見つける現実的な方法も紹介。
海外駐在

【徹底解説】海外駐在員とは?年収、メリット・デメリット、なり方(現役駐在員が語る)

【徹底解説】海外駐在員とは?年収、メリット・デメリット、なり方を5カ国7年の駐在経験から解説。海外駐在員とは、会社に命じられ、海外の子会社・関連会社に一定期間派遣される従業員のことです。年収は、日本と比較すると、額面で1.2~1.5倍、手取りが1.5倍~1.8倍程度となります。メリットも多い海外駐在員を目指しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました