スポンサーリンク
海外勤務ができる会社

【まとめ】商社|海外業務・語学研修・大学院派遣制度がある会社16選(20代で海外へ)

【まとめ#1】商社|海外業務・語学研修・大学院派遣制度がある会社16選(20代で海外へ)。①三菱商事、②住友商事、③三井物産、④伊藤忠商事、⑤丸紅、⑥双日、⑦豊田通商、⑧兼松商事、⑨メタルワン、⑩日鉄物産、⑪伊藤忠丸紅鉄鋼、⑫JFE商事、⑬阪和興業、⑭興和、⑮長瀬産業、⑯岩谷産業。
MBA

【徹底解説】Leeds大学ビジネススクールMBAを丁寧に紹介(卒業生インタビューあり)

【徹底解説】Leeds大学ビジネススクールMBAを丁寧に紹介(卒業生インタビューあり)。英国Leeds大学ビジネススクールMBAは国際ビジネスに強みがあり、少人数制で多様性を重視した環境で学習できます。実践を重視しており、企業コンサルティングや国際スタディツアーなども準備されている実用的なMBAプログラムです。
オンラインイベント

【グローバル×キャリア】新企画!グローバル・オンラインカフェへのご案内(無料)

【グローバル×キャリア】新企画!グローバル・オンラインカフェへのご案内(無料)です。グローバル人材を増やして、世界での日本のプレゼンスを高めたい。このような想いから、「グローバル×キャリア」をテーマに、毎週日曜に1時間、グローバル人材に近づける企画「GCCオンラインカフェ」のご案内です。
グローバル転職

【業界・職種別】海外勤務が出来る企業200社を徹底解説(駐在先で調査した企業も掲載)

【業界・職種別】海外勤務が出来る企業を徹底解説、海外駐在員しか知らない企業も紹介します。もっと海外勤務が多いのが商社で、自動車メーカー・自動車部品・家電、精密機器と続きます。建設や機械メーカーも多く派遣しており狙い目です。他にも、JETRO・JICA・太知ホールディングスなど、海外駐在前提の団体も多くあります。
グローバル転職

【徹底解説】海外で現地採用として働くメリット8つとデメリット3つ|海外駐在員との比較も

【徹底解説】海外で現地採用として働くメリット8つとデメリット3つを海外駐在員との比較と共に解説します。海外現地採用では、国や職種が選べたり、英語実践力が異文化理解力を養えるため、今後のキャリアの飛躍に追い風になるでしょう。一方、福利厚生が薄かったり昇進の機会が限られているなどのデメリットもあります。
南アフリカ

新興国に駐在するということ|海外駐在のちょっとした苦労話をしよう(南アフリカ#2)

新興国に駐在するということ|海外駐在のちょっとした苦労話をしよう。南アフリカに住む、日系企業の駐在員が経験した新興国駐在の話です。新興国駐在では、経済や治安の不安以外に、実は日常生活のこまごました事に対するストレスが相当に溜まります。本記事はほんの一例ですが、そのストレスを具体的にイメージしてもらえたら幸いです。
グローバル転職

【徹底解説】転職エージェントThe Beyond Borderの特徴、口コミ・評判(海外経験者専門)

【徹底解説】転職エージェントThe Beyond Borderの特徴、口コミ・評判。海外経験者専門の転職エージェントのThe Beyond Borderは評判も良く、規模が小さいがゆえ手厚いサポートを受けられます。セミナーや講座を開催したり、求職者の推薦状を必ず添付したりと、頼りになるおススメの転職エージェントです。
グローバルな仕事

【必見】グローバル人材になる10の方法|現役海外駐在員が詳しく解説

【必見】グローバル人材になる10の方法|現役海外駐在員が詳しく解説します。1)英語を学ぶ、2)英会話、3)海外旅行をする、4)海外関連の活動に参加、5)グローバル人材基礎知識、6) ビジネス基礎知識、7) 会社の海外関連部門で働く、8) 海外留学、9)海外就職、10)海外のビジネススクールでMBAを取得、です。
グローバルな仕事

【徹底解説】グローバル人材とは?必要なスキル5つとメリット3つ(グローバルに活躍する)

【徹底解説】グローバル人材とは?必要なスキル5つとメリット3つを紹介します。必要なスキルは、1) 語学力(英語)、2) 異文化理解力、3) コミュニケーション能力、4) 主体性・積極性・チャレンジ精神、5) 柔軟性と好奇心、です。メリットは、1) 就職先の幅が広がる、2) 所得が上がる、3) 視野が拡がる、の3つです。
グローバル転職

【2024年版】海外転職 現地採用に強いおススメの厳選転職エージェント14選(地域別に紹介)

【2024年版】海外転職 現地採用に強いおススメの厳選転職エージェント14選を地域別に紹介します。海外就職や現地採用では、現地の転職動向や国の情報、例えば給与水準や労働環境、治安や政治の安定度合いなどがが、就職する国を決める大きな要素となります。転職エージェントに登録し、最新情報を常に得られる体制を築いておきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました